世界一の美味しさ!?海外でも人気な日本のお菓子企業

世界一の美味しさ!?海外でも人気な日本のお菓子企業

2月14日はバレンタインデー。
この時期はチョコレートやクッキーなどのお菓子を買うことが多くなりますよね。

私たちは当たり前のようにコンビニやスーパーで買っていますが、実は世界から「これが身近にあるなんて羨ましい!」と思われているほど、日本のお菓子が人気なのはご存知でしたか?
そこで今回は、日本を代表するお菓子企業の製品の特徴を振り返りつつ、なぜ海外の方に人気があるのかを考えてみました!

日本のお菓子企業の世界ランキングは?

まずは日本を代表するお菓子企業が世界ではどの位置にいるのかを見ていきましょう。

CANDY INDSUTRYに掲載されている2023年の世界のお菓子企業トップ100位には、以下の日本企業がランクインしています。

10位 明治
20位 グリコ
29位 ブルボン
31位 森永
72位 UHA味覚糖

日本トップの明治の売上は、すぐ上のチュッパチャップスで知られているPerfetti Van Melleと大差はなく、さらなるランクアップも期待できそうです。
余談ですが、1位にはスニッカーズやm&m’sで有名なMars Wrigley、2位にはリッツやオレオで有名なMondelēz Internationalなどがランクインしています。気になる方はぜひ下記リンクからご覧ください。

なぜ日本のお菓子は人気なのか?

ここからは、これら上位5社の海外の売上や反応を基に、なぜそのお菓子製品が売れているのかを分析していきましょう。
その他の食品も販売している場合もありますが、今回はお菓子製品に着目していきます。

明治

グミやアイスなどの様々なヒット商品を世界に送り出し続け日本トップに輝いた明治。
中でも日本を含め世界に愛されているのは、やはりチョコレート菓子のようです。
お菓子作りに欠かせないミルクチョコレートや、香ばしさとカリっとした食感が堪らないアーモンドチョコレートも代表的ですが、特に海外の方に人気だと考えられるのが以下の二つです。

Meltykiss
CMが流れると「もうそんな時期かあ」となる、冬のお菓子Meltykissは中国とアメリカでも販売されています。
あの特徴的なくちどけはそのままですが、例えば中国ではマンゴー味など、日本とは異なる味が展開されているようです(※1)。
そのためか、SNSで検索をかけてみると、「日本のコンビニに行ったら絶対に買う」「大量に買っちゃった」といった外国の方々のつぶやきが多く見かけられます。
余談ですが、アメリカではMeltyblendという名前で親しまれているそうですよ。

meiji THE Chocolate
2016年に発売された後、お洒落なパッケージと高級な味を楽しめる手軽さで、日本でも瞬く間に大人気となりました。みなさんの仲にもブームを体感した方もいらっしゃるのではないでしょうか。
なんと2023年には、フルーティカカオ・ラテ味が「チョコレート界で最も高い権威をもつフランスのチョコ愛好家クラブ 「C.C.C.(Club des Croqueurs de Chocolat(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ)」の品評会で、シルバータブレット」(※2)という銀賞を受賞しました。
見た目も中身も文句なしの日本のチョコレートが世界的なチョコレートへと躍進したのです。

グリコ

ビスコやプリッツ、パピコと、小さい頃からお世話になっている方も多いだろうグリコのお菓子やアイスたち。
特にアジアへの進出が積極的で、世界ランキングでは20位にランクインしてます。

ポッキー
世界でも圧倒的な人気を誇っているのは、私たち日本人にも欠かせないポッキーです。
2020年から2年連続で「世界で最も売れた「チョコレートでコーティングされたビスケット」としてギネス世界記録に認定」(※3)されています。
国によって味が違うようですが、あの特徴的なスティックタイプゆえのいつでもどこでも食べられる手軽さは、世界共通の人気の秘訣だと言えるでしょう。
日本のお菓子企業が考えた”Share happiness!”のコンセプトが世界中に広がっていると考えると、嬉しくなりますね。

ちなみにフランスではMIKADOという名前で売られていること、ご存知でしたか?

ブルボン

圧倒的な種類を誇るプチシリーズや、人気商品を集めたアソートパックなど、大人数でのパーティーに欠かせないお菓子たちはブルボン製品が多いのではないでしょうか。
中国を中心に海外展開を広めている一方、日本を訪れた他国の観光客からも圧倒的な支持を得ています。
「外国人が喜ぶお菓子」を特集したどのインターネット記事でも取り上げられていたのが、以下の二つのお菓子です。

アルフォート
前述したポッキーと同様、チョコレートとビスケットという万人受けするお菓子ではありますが、人気の秘訣は味だけではありません。
美しい絵画が描かれた一口サイズのチョコレートは、まさに芸術品。
「日本人は手先が器用」「日本の商品は繊細だ」といったイメージにも結び付きやすく、外国の方からすると日本のすごさが一口に詰まったお菓子だと捉えられていると考えられます。

ルマンド
同じくブルボンらしい繊細さが感じられる代表商品、ルマンドもお土産で喜ばれるお菓子だといいます。
他のお菓子にはない独特のサクサクとした食感が、日本人だけでなく世界の人々をもやみつきにさせているのかもしれません。
定番のココア味はもちろんのこと、バターと洋酒の味わいがより楽しめる贅沢ルマンド、そして日本らしい抹茶味と、大人や外国の方が楽しめる種類も人気の理由の一つでしょう。

森永製菓

生みの親でもある板チョコを始めとし、ダースや小枝といったチョコレート菓子から、ミルクキャラメルやラムネなど幅広い種類のお菓子を提供し続けている森永製菓。
このラインナップを見ると、本当に老若男女問わず長く愛され続けていることがわかります。

ハイチュウ
そんな森永製菓を世界的企業へとのし上げたのが、ハイチュウです。他のお菓子にはない独特な食感に虜になった方も多いのではないでしょうか。
アメリカでの本格的な進出にはかなりの労力と時間を費やしたようですが、現地での爆発的人気につながったきっかけが、メジャーリーグでの差し入れだといいます。野球の本場・アメリカだからこその影響力で、「全米におけるHI-CHEWのブランド認知率は48%に上」(※4)ったそうです。
このアメリカで2022年に発売されたオリジナル商品、HI-CHEW 日本で生まれたものが海外で人気になってまた戻ってくる…想像を超えた人気ぶりに驚いてしまいますね。

UHA味覚糖

最後はキャンディ製品が主力のUHA味覚糖をご紹介します。
近年ではカヌレットという一口サイズのカヌレが人気になるなど、独自の商品開発力が強みのUHA味覚糖。
キャンディ製品ゆえの手軽さは、どんな人でも食べやすいでしょう。

ぷっちょ
とにかくぷちぷちとした食感が楽しいぷっちょは、海外でもそのままPuchaoとして販売されています。
現在はアジア諸国やアメリカでも買えるようになり、その販売範囲を広げています。

みなさんもご存知の通り、このぷっちょと上述したハイチュウは比較されやすいライバル商品です。
現時点では販売範囲と認知度共にハイチュウの方に軍配が上がっているようですが、食感の斬新さと飽きない味という点ではぷっちょ派の外国の方も多いようです。
数年後にはこの二勢力の状況も変わっているかもしれません。

広がる日本のお菓子の人気

以上、世界ランキングにランクインした日本のお菓子企業を紹介してきましたが、もちろん海外で人気のお菓子は他にもたくさんあります。
ロイズのチョコレート製品や、日本だけで販売されている味の種類が豊富なネスレのキットカットなども、日本の甘いお土産の定番となっています。
私たちに馴染みのあるものはもちろんですが、私たちですら知らないようなものも視点を変えれば外国の方にとってレアなお菓子になるかもしれません。
世界一との呼び声も高い日本のお菓子の良さが今後も世界に広まっていくと嬉しいですね。

そんな日本のお菓子企業と海外のお菓子企業の広告の違いについてまとめた記事も投稿しています。
興味を持った方はぜひこちらもご覧ください!

日本と海外のお菓子の広告の違いをまとめてみた

参考文献
※1 meiji, 「世界に広がるmeiji」, https://www.meiji.co.jp/meiji-shokuiku/worldculture/meiji_of_the_world/
※2 meiji, 「「明治 ザ・チョコレート」に国際的な評価!世界最大級のチョコの祭典 Salon du Chocolat Paris 2023で発表された「C.C.C.」にて「明治 ザ・チョコレート フルーティカカオ・ラテ」がシルバータブレットを獲得」, 2023年11月22日更新, https://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2023/1122_02/index.html
※3 glico, 「「Pocky」 が世界売上 No.1(※)としてギネス世界記録™に2年連続で認定(※)されました」, 2021年10月15日更新, https://www.glico.com/jp/newscenter/pressrelease/36541/
※4 ITmedia, 「7年も鳴かず飛ばずだったハイチュウ、なぜ米国で爆売れしたのか 「もぐもぐタイム」が火付け役」, 2023年1月17日更新, https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2301/17/news010_2.html
※5 MORINAGA, 「【2022年全米で最も売れたキャンディの新商品】を逆輸入!「ハイチュウアソート<ファンタジーミックス>」8月1日(火)より新発売」, 2023年7月25日更新, https://www.morinaga.co.jp/company/newsrelease/detail.php?no=2483

セカイコネクトアカデミーオンライン

記事を”読む”

日本人はどのあたり?世界の平均身長ランキング

日本人はどのあたり?世界の平均身長ランキング

旅行に行ったりSNSを見ていたりすると、「外国人って何でこんなに背が高いんだろう?」と思いませんか? 日本の中でももちろん身長の高い人や低い人がいますが、例えば日本のスポーツチームを見ていても、他国に比べて小さく感じるこ […]

日本とは大違い!?世界の結婚式を調べてみた

日本とは大違い!?世界の結婚式を調べてみた

みなさんも一度は参加したり開いたりしたことがあるであろう結婚式。 誰もが幸せになるこの瞬間、みなさんもご存知の通り、その国・地域の文化や伝統が色濃く反映されたものなんです。 そこで今回は、日本に住む私たちからしたら「面白 […]