メタバースとは!やり方や違いをわかりやすく解説

メタバースとは!やり方や違いをわかりやすく解説

最近ではFacebook社がMetaに社名変更したと報道され、今ホットワードになっているメタバース。ですが、メタバースとは一体何なのでしょうか?

VRゴーグル - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集

メタバースとは

メタバースとはインターネット上の「仮想空間」の事です。自身のアバター(キャラ)を自分好みに作り、インターネット上のゲームワールドで他の人々と交流するといったものを指し示します。

今までのゲームとは何が違うのか

こういった自身のアバターを作りゲーム空間で生活するゲームはすでに存在しています。あつまれどうぶつの森、mixiなど、ゲーム上で他者と交流できるものですね。しかしメタバースは、自身がゲームの世界に入れるという点でそれらのゲームとは全く違うものになっています。今までのゲームは2D上ですが、それが自身が世界に没入する事で3Dになります。基本的なVR機器に加え、足や手にトラッキング機器をつければ細かい指の動きも再現することができ、触覚までも共有することが出来ます。

メタバースを体験したい人におすすめサービス

VRchat

Steam:VRChat

VRchatというアメリカ発のサービスはメタバースを一般の人が利用できるサービスです。VRを被り、VRchatサービスに接続すれば他の人が作ったワールドの中に入ることが出来ます。筆者も実際に入りましたが、非常にクオリティが高く、ホタルが飛んでいる綺麗なワールド、水の中のワールドなど現実にないような世界に没入する事が出来ました。他のプレイヤーとお話しすることもできますが、距離によって音のボリュームが変わり現実と同じように聞こえました。VRchatは一般人がUnityなどのソフトを利用する事で新しいワールドの作成が可能となっており、自身好みのワールドを作る人がいたり、VR上での展示会ワールドがつくられイベントが行われています。メタバースはまだ先の事かと思いきや、VRと性能の良いパソコンがあれば一般人でもこれだけ色んな事ができるようになっていす。

Fortnite

基本プレイ無料! 本日配信のNintendo Switch『フォートナイト バトルロイヤル』のダウンロードはこちらから。砦を築き、敵を撃て! | トピックス | Nintendo

出典:任天堂(https://topics.nintendo.co.jp/article/f2f5e161-647d-11e8-b9c0-063b7ac45a6d)

Fortniteはアメリカで1番人気サバイバルゲームです。自身を投影したアバターを使い敵を撃つゲームで一見ただのゲームのようですが、最近は戦闘なしのワールドを開き、アバターを動かすだけの空間を用意しています。そこでアバター視点でダンスを踊ったりかくれんぼしたりする事も可能です。他にもミュージックイベントを開いたりとユーザーにメタバース環境を楽しむイベントを提供しています。Fortniteは有名ゲームで一般の人にも手を出しやすい為、ここから体験してみると良いでしょう。

メタバースがわかるおすすめ映画

メタバースを扱った作品として有名なのがスティーヴン・スティルバーグ監督作のレディプレイヤーです。2018年のまだVRが一般的でない当時にメタバースを題材にし4日間で世界興収200億という大ヒット映画になりました。ストーリーとしてはメタバース(映画通称:オアシス)が生活の基本となった世界が舞台で、作中のメタバースの創始者が亡くなり、創始者が隠した遺産とオアシスの継続権の鍵を巡ってメタバース内宝探しが始まります。貧しい生まれの主人公ウェイドも争奪戦に参加し勝ち進みますが、悪者が現実世界でも邪魔してくるという三つ巴の戦いになります。その中で主人公は無事勝ち抜けるのか・・・?という話です。

VRに関してのおすすめサイト

VRだけ買っても使い方がわかりませんよね。そんな初心者の方におすすめなのはこちらのサイトDatVR(https://dat-vr.com/index.html)です!VRの違い、VRの始め方が解説されています。購入した後全員入れるお手軽なアプリがビートセーバーなのですが、そちらの楽しみ方も解説されています。ぜひ一足先のメタバースライフをエンジョイしてみてください

セカイコネクトアカデミーオンライン

記事を”読む”

先進地域に学べ!~世界のサプリメント市場調査~

先進地域に学べ!~世界のサプリメント市場調査~

昨今話題の「ヤクルト1000」など、最近では栄養がもたらす価値に国内でも注目が集まるようになってきましたね。しかし、世界では日本以上に栄養への価値に関心を持つ地域が存在し、それに対応した市場も存在します。例えばアメリカで […]