世界コスメ事情 ~インドネシア編~

世界コスメ事情 ~インドネシア編~

日本ではドラッグストアやデパートでコスメを買う事が多いですよね。資生堂やCANMAKEなど、日本では日本のコスメを使うことが多いです。

では、海外の女の子は普段どこで何を買っているのでしょうか?そんな事を疑問に思い、実情を探るべく、今回はインドネシアの女の子にインタビューをしてきました!

 

アンケート内容と結果

以下7項目を、インドネシアの女子大生に聞いてみました。

①普段どんな化粧品ブランドを使っていますか?

②あなたの国で流行っていますか?

③なぜその商品を選ぶのですか?

④どのくらいの頻度で化粧品を買いますか?

⑤どこで化粧品を買いますか?

⑥何によって購買意欲が出ますか?

⑦日本商品の印象を教えて下さい

それでは、項目ごとの反応を見ていきましょう!

①普段どんな化粧品ブランドを使っていますか?

図1
普段使いは韓国の化粧品がメインという驚きの結果でした。

日本でも韓国ドラマやアイドル、化粧品等のKブームが起きていましたが、世界でも韓国ブランドは人気のようですね!

日本では、美容家やインスタグラマー等感度の高い一部の人が韓国の化粧品を色々試しているイメージです

②あなたの国で流行っていますか?

図12
日本でもInnisfreeは原宿のようなトレンド最先端の街にも店舗があり、LOFTにもいくつか韓国ブランドが並ぶようになっています。インドネシアでも簡単に韓国コスメが手に入る環境があるのですね

③なぜその商品を選ぶのですか?

3
可愛さ、安全面。価格が支持されているように感じますね。韓国の化粧品は千円以内のものも多く、若年層が手が届く価格帯になっています。商品種類が多いのも特徴です。

韓国の人は肌が綺麗というのは全世界で知られている事なので、プロダクトにもいいイメージがついているのだと思います。

④どのくらいの頻度で化粧品を買いますか?

図4
月に二回というのがスタンダードですね。

日本ではコロナで普段化粧をしなくなり化粧品の消費が減ったようですが、あまり変わらない国もあるようですね。

⑤どこで化粧品を買いますか?

図5
オンラインショッピングはどの国でも人気ですね!

日本では、韓国ブランドを買うときは公式HPかQoo10、AliExpressを使うイメージがあります。

海外発送なので時間はかかりますが、価格が安いのが魅力です

⑥何によって購買意欲が出ますか?

6
日本では韓国化粧品のコマーシャル等はあまり見ないのでそこが人気の分かれ道の気がしますね

日本では、Twitterでバズったり美容で有名なアカウントが紹介したり、Lips等有名アプリの口コミなどで広がっています

⑦日本商品の印象を教えて下さい

7
日本の製品は品質的に安全というイメージが持たれていると思います。

一方で露出は低めなので、日本製品に関するイメージを持たない人も多いのではないでしょうか。

 

 2)海外ブランドの紹介

ここまで色んなブランドが出てきました。王道的のお店ばかりですが、聞き馴染みのない名前も多いのではないでしょうか。少し紹介していこうと思います!ここを押さえておけば韓国コスメのある程度基礎知識はバッチリです◎

 

SEPHORA(セフォラ)

アメリカ、カナダ、ヨーロッパに多く店舗があり海外の若者に人気です。海外コスメといえばSEPHORAってくらい大定番です。

日本に未上陸のヨーロッパ、アメリカのブランドがたくさん集まっているお店で価格は高価すぎず、1000〜3000円位です。オンライン通販があるので、海外の子はそこで買うことが多いようです。

 

Innisfree(イニスフリー)

innisfree-ca
主に韓国、日本、アジア圏にあり、最近はアメリカにも進出したようです。イニスフリーの最大の特徴は、ユネスコ世界自然遺産のチェジュ島の自然(火山灰など)を使用しており、自然由来で肌に良い天然由来なところです。加えて価格も安いので若者に人気なのもうなずけます。東京には30店舗ほどあり、渋谷109や原宿にも店舗があります。パッケージはかなりシンプルです

 

ETUDEHOUSE(エチュードハウス)

韓国、日本、アジア圏に店舗が存在し、韓国化粧品シェアナンバー1

の大王道商品です。ベースやポイントメイクに強く、Innisfreeと違い

パッケージがピンクやブラウン系の可愛らしいものになっています。

価格も安く色の種類豊富です。

こちらは日本でも人気なアイシャドーパレットで、ETUDEHOUSEの

可愛らしい世界観が伝わると思います。これほど色が入っていれば

通常3000円以上しますが、2000円台ととてもお安くなっています!

3CE(スリーシーイー)

韓国、日本に店舗があり、アパレル発コスメです。ETUDEHOUSEと違い、寒色も揃っており、メイクの幅が広がります。韓国だけでなく世界中の人にうけるように作られたコスメです。

3CEのアイシャドーパレットはETUDEHOUSEと比べてシックなイメージですね。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

東南アジアも美容大国として有名ではありますが、そこでも韓国コスメの人気が根強い事がわかりました。

 

そしてその原因は2つ、1つは最近のKブームが起こり韓国が憧れられる存在になった事、名前が知られている事、もう1つは20代はオンラインショッピングがメインになっており、色んな情報を集めたり海外から取り寄せるのが簡単になっている事が挙げられると考えます。

 

日本も安全性の面では信頼されていますが、ブームという面で工夫が必要な部分もあるようです。

 

今後のレポートも楽しみにしていてください!

セカイコネクトアカデミーオンライン

記事を”読む”

日本食アレンジが自由すぎる!海外で人気の食材

日本食アレンジが自由すぎる!海外で人気の食材

日本食はヘルシーというイメージが持たれ、国境を越え様々な国で食べられています。中でも日本食の代表格の寿司はそのままではなく地域ごとにローカライズされ、カリフォルニアロールから果物を入れた寿司のように色々な様態に変化してい […]