外国人は海苔が食べられない?日本人の体の秘密

外国人は海苔が食べられない?日本人の体の秘密

日本の伝統的な料理はヘルシーで美味しく海外でも絶大な人気を誇っています。日本食でも”Natto””Sushi”固有名詞が生まれるほど。日本食といえばなんでも受けるかと思いきや、海外の人が食べられない食材がある事、ご存知でしたか?

外国人が食べられない食材は”海苔”

アオサの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

日本人は手巻き寿司やご飯のお供として海苔を食べてます。海外の人が消化できない海苔を日本人が消化できるのは、「ゾベリア・ガラクタニボラン」という海藻の多糖類を分解する酵素を海洋性バクテリアから取り込んでいるからだと言われていました。

しかし、2010年にフランスの微生物学研究チームが、海洋細菌の中で、藻細胞壁の分解を行なう酵素を特定し、公開されているDNAのデータベースを調べたところ、ヒトの腸内に住むバクテロイデス・プレビウスという微生物が、同じ酵素を作る遺伝子を持っていることが分かりました。

こちらは今まで日本人の排泄物からしか見つかっていません。民族的にこういった特性があるのは非常に珍しいことです。

海外の人が海苔を食べられないのはこの酵素を持っていないのです。

なぜ日本人は酵素を獲得したのか

今こそ実行!免疫力を高めウイルスに負けない体をつくるには | ジム・シェルパ

中国や韓国等海外でものりを食材として食べている国はあります。その中でなぜ、日本だけが消化酵素を持っているのでしょうか。日本ではずっと生のりを食べてきました。飛鳥時代の頃からのりを食べていたといわれています。数百年以上にわたり生のりを食べ続けたことで、いつしか日本人はのりの中に含まれている「ポルフィラン多糖」を分解できる酵素をもつバクテリアを体内に取り込み、腸内バクテリアとして持ち続けることになったのです。

海外の人が海苔を食べる方法

韓国常備菜☆海苔の佃煮 | クオンズの美味しい韓国料理レシピ

海苔は加熱してしまえば、細胞壁が壊れて誰でも消化できるようになります。韓国のりや佃煮のように火を入れることで、消化の問題になっている成分のポルフィラン多糖も壊れてしまうのでバクテリアがなくても消化しやすくなります。今まで加工したのりを食べてきた外国人は、火を入れて消化可能にしてきた為消化酵素を獲得しなかったのでしょう欧米ではあまり海藻を食べないと思っている人もいるでしょう。確かに、以前までは日本人は海藻を食べると驚かれていました。しかし、海藻は水溶性食物繊維が豊富に含まれていて、ダイエットや便秘予防にも最適な食材です。海藻がヘルシーでダイエットに最適だという情報が広まり、日本食の普及やヘルシー食の追求で段々と食べられるようになっています。大規模スーパーならワカメも手に入るようになりました。中華食材店に行くと、水に浸すだけで海藻サラダが作れるミックスも売っています。大手スーパーM&Sでは枝豆と海藻の入ったスーパーサラダを発売。うまく工夫すれば海外でも人気に火がつくでしょう。

セカイコネクトアカデミーオンライン

記事を”読む”

今話題のRCEPって何?

今話題のRCEPって何?

貿易にとって欠かせない関税、国同士の経済連携。その枠組みが来年2022年1月から大きく変わろうとしています。 RCEPとは? 「Regional Comprehensive Economic Partnership」の頭 […]