セカイコネクト

 
photo-1444653614773-995cb1ef9efa

密かにブーム?増える個人輸出ビジネスを調べてみた結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今の円安により、密かに個人輸出が注目されてきております。個人輸出に成功して、利益を生み出している個人実業家も身近にいるのではないでしょうか?

今後も個人輸出の分野はさらに発展していくことが予想されます。ですが、個人輸出というと難しそうなイメージをお持ちになっているとは思っていませんか?実は意外に難しくもなく参入へのハードルも比較的容易となっています。そこで今回は、個人輸出ビジネスについてご紹介したいと思います。

個人輸出ビジネス

1.個人輸入より個人輸出が注目される理由

数年前までは、円高の効果によって個人輸入が盛んに行われていました。例えばブランド品などを海外から安く輸入して、日本で転売することにより利益を得るといった手法がメインでした。ですが、すでに市場が飽和状態になってしまっていること、新規参入が難しくなってしまったことにより、個人輸入についてはだいぶ下火になってきています。
そして、新たに個人輸出ビジネスが台頭してきたのです。

新たに台頭する”個人輸出ビジネス”

冒頭に説明した通り、昨今の円安により、日本で仕入れた商品を海外で販売することにより、為替差による差益を得やすくなっています。また、それだけではなく、日本の商品はクオリティが高いという評価されており、世界からの注目は高いです。特に日本独特の文化である、和紙のような日本の伝統工芸を始め、アニメ、漫画や日本製の家電など多くの商品が人気となっています。

2020年東京オリンピックにより世界が注目

また、近年では日本からの海外旅行者が急増しており、中国人観光客による「爆買い」はブームになりましたよね。さらに、今後2020年の東京オリンピックに向けてさらに増加するといわれています。

http://world-conect.com/olympic-chance

【まとめ】東京オリンピックが与える経済効果を予想している数値データ

また、個人輸入の様に今更新規参入しても飽和状態になるのではないかと思われますが、市場規模は世界ですので日本人向けだけの個人輸入に比べると取引相手の数は輸入の比ではありません。

このような理由から、個人輸出ビジネスは密かに注目されているのです。

tumblr_nvbw9a0oAb1slhhf0o1_1280

2.個人輸出ビジネスを始めるにはどうすればいい?

それでは、実際に個人輸出ビジネスを始めるにはどのようなことをすればよいでしょうか?個人輸出ビジネスを始めるにあたっては、方法としては二つの方法があります。
一つは、個人として新たにインターネット上で自社サイトを制作して海外向けに販売することです。
最近では比較的簡単に販売サイトを作ることができるASPが多く存在しております。
ですが、そういった場合新たに購入者を獲得するためには、すでにある大きな販売サイトと戦うためには多大な努力を必要とします。*ASPとは

もう一つの方法としては、個人でも参加できるオークションサイトや販売サイトに参加する方法です。
この場合は、すでに既存顧客が定着しているため、個人でも参入が非常に簡単ですので、自社サイトを作るよりも簡単に参入することができます。

3.既存のサイトを利用するメリット

さて、実際に既存サイトを利用するメリットというのはどのようなものがあるのでしょうか?
そのメリットは大きく2点です。

ローコストで始められる
見込顧客の獲得の容易さ

既存サイトを利用することで、すでに出来上がっている仕組みを使用することが可能です。
自身で新たにサイトでビジネスを始める場合にはこれらを1から構築することになりますが既存サイトを利用すればそれを行う必要はありません。
また、自身でサイトを構築すると、そのサイトの維持費用も掛かってしまい、本来の目的の輸出ビジネス以外のところでコスト・労力が必要になってしまいます。
また、独自サイトを運用する場合、その多くが無名のサイトとなってしまい、その他のサイトと戦うためには膨大な広告費用が必要となります。
そのため既存のサイトを利用して、すでに既存サイトすることでそれらのコスト・労力を可能な限り抑えることができます。

ですが、既存のサイトを使用するデメリットも理解する必要があります。

・取引手数料がかかる
・競合商品・ブランドが展開しているかも?

最近は様々なサービスがあるので、一概にはいえない部分はありますが、多くの既存サイトは取引時に手数料を必要とします。
そのため、販売価格・利益額などそのサイトで販売した際にいくら引かれてしまうのか事前に確認して、販売価格設定を行いましょう。
また、人気商品になると多くの競合サイトがその商品若しくは似ている商品を取り扱おうとして来ます。
値下げ合戦にならないようにすることは非常に重要です。

その上既存のサイトには既に多くの見込顧客が存在していますので、多くの顧客を見つけるチャンスでもありますが、多くの競合もまた近くにいるということです。

これらのメリット、デメリットを比べた中では、スタート時点では既存サイトに場所を借り、経験と販売実績を作り、その後の展開を考えるのがベターではないでしょうか?

4.おススメの既存サイト

今現在、稼働している既存サイトで個人での参入が非常に簡単で、さらに見込顧客数の多いサイトはeBayとAmazonです。これらのサイトは世界中で利用されており、さらに個人での登録も非常に簡単になっています。
この二つのサイトの違いとしては、オークションサイトであるかということと販売委託サイトであるかということです。
eBayはオークションサイトであり、Amazonは販売委託サイトです。それぞれに特徴を理解したうえで、有効に活用しましょう。

まとめ

今回は、個人輸出ビジネスについて簡単にご紹介させていただきました。個人輸出ビジネスは今後も伸びる余地が十分にありますよね。はじめはeBayやAmazonのような既存サイトを利用しつつ、売れ行きが好調になって来たら、個人サイトを混ぜ込むようにすることもよいでしょう。
是非、この機会に個人輸出ビジネスに参入してみてはいかがでしょうか。

セカイコネクト

 - ニュース 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>