セカイコネクト

 
green-chameleon-21532

貿易時のメリット満載! 輸出入者符号の仕組みと取得手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外企業との輸出入を行う際に物流会社の選定から始まり税関手続きまで様々な業務が発生します。
現在貿易を行っている方々の中で「輸出入者符号」という言葉を聞いたことがある、もしくは既に利用しているという方は意外と少ないのではないでしょうか。
そこで今回は貿易を行う際に取得しておくとメリット満載の輸出入者符号の仕組みと取得手順について解説します。

1.輸出入者符号ってなに?

輸出入者符号とは、日本において輸出入業務を行う当事者を識別するために日本貿易関係手続簡易化協会(略称:ジャストプロ)から割り振られる番号です。
「標準コード」、「輸出入者コード」、「NACCSコード」、「ジャストプロ番号」とも呼ばれています。
取得するためには、ジャストプロへの申請が必要ですが、簡単な手続きで1週間程で発行することができます。

輸出入者符号を取得するとNACCS(Nippon Automated Cargo And Port Consolidated System. 通関 情報処理システム)を通して輸出入通関やその他の税関手続等の処理を行うことができます。

登録されるデータは、コード番号、会社名称(和文、英文)及び所在地(和文、英文)、郵便番号、電話番号、FAX番号で構成されます。

2.取得するメリット

輸出入者符号は取得後、通関の際に物流業者に対してその番号を共有することで効果を発揮します。
①今までの貿易実績を記録することができます。
②①の実績に応じて、税関の審査が緩和されます。
③関税・消費税などの口座振替納付を行うことができます。
④据置担保による関税などの納期限の延長精度を利用することができます。
※輸出入者符号は法律や条例で取得を義務付けられているものではありません。
ただ取得しておくことで上記のようなメリットを得ることができます。

3.取得までの流れ

続いて輸出者符号を取得するまでの流れについて、説明します。
基本的にはジャストプロで申込み手続き・発行を行うことになります。

①必要な準備物

■法人事業者の場合
・日本輸出入者標準コード新規登録申込書(法人用)
→こちらは下記URLからダウンロードすることができます。
ジャストプロ 法人事業者申込書ダウンロードページ:http://www.jastpro.org/code/data/25_sinki_houzin_touroku2.pdf
・法人の印鑑証明書の写し
・ジャストプロへの新規登録手数料6,600円の銀行領収書

■個人事業者の場合
・日本輸出入者標準コード新規登録申込書(個人事業者用)
→こちらは下記URLからダウンロードすることができます。
ジャストプロ 個人事業者申込書ダウンロードページ:http://www.jastpro.org/code/data/25_sinki_kozin_touroku2.pdf
・住民票の写し
・ジャストプロへの新規登録手数料6,600円の銀行領収書

②申請

■郵送で申し込む場合
必要な準備物が揃ったら、ジャストプロへ郵送しましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯送り先

一般財団法人 日本貿易関係手続簡易化協会

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-29-11

八重洲第五長岡ビル4階 コード管理センター

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■Webから申し込む場合

※WEBから申し込む場合は登録の前に指定口座に手数料を振り込みましょう。

手数料振込み後、下記URLから情報登録を行ってください。

URL:https://www.jastpro-code-kanri.jp/jastpro/UI/TopPage/TopPage.aspx

③登録&通知書発行

ジャストプロでの審査後、内容に不備が無ければ(稀に電話照会が必要な場合もあります)登録通知書が郵送で届きます。

協会に必要情報が届いてから、だいたい7〜10日で登録通知書が届きます。

ここまでで輸出者符号の発行が完了となります。

4.利用方法

輸出入者符号は通関審査の際に利用することができます。

個人で申請を行う場合と物流業者を通じて申請を行う場合があります。

今回は多くの企業様が利用することになる物流業者を通じた申請を流れをお伝えします。

物流業者を通じて申請を行う場合は、何か新しく手続きをする必要はありません。配送依頼を行う際に合わせて輸出入者符号を伝えておくだけで通関で輸出入者符号が適用され、貿易実績などが記録されていきます。 

5.まとめ

今回は貿易の手続きの際に役立つ輸出入者符号について、解説しました。

私たちもさまざまな日本企業の輸出支援をしてきましたが、発送するまでの手続きの段階で毎回手間取ってしまう企業も多くいました。

これから貿易を始めようと考えている方だけでなく、既に始めている方も、もしまだ輸出入者符号を取得していないということであれば、取得していることでメリットしか無いので、ぜひこの機会に申し込んでみてください。

セカイコネクト

 - 海外輸出と貿易実務 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>