セカイコネクト

 
thumbnail11

海外進出事例『最初は他人事だった海外進出』株式会社ヘルススクラム北海道 山﨑様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

COUXU株式会社は29カ国2000企業の“日本商品調達事業”を行う企業です。
その情報を元に、これまで多くの日本企業の海外展開を支援してきました。
海外市場での展開を考えているけども中々具体的な施策が打てないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は弊社と海外市場に向けて協業している企業様に直接インタビューをしました。
ここでは弊社との協業の経緯やその実績や感想など、リアルな声をご紹介します。

株式会社ヘルススクラム北海道

コネクト歴:1年
取扱商品ジャンル:健康食品
セカイコネクト担当:2人

COUXUとの海外進出を決めた経緯

“最初は他人事だった海外進出”

DSC_0813

山﨑様:私の周りには健康食品などを輸出しているビジネスパートナーで、海外へ行ってお仕事をしている人たちがたくさんいますが、海外進出は正直他人事だったんです。私たちの会社はクライアントと一緒に商品を作ること、例えばこういう商品があるので、「どうですか?」と売り込むのではなくて、「こういうものが欲しいです」や「こういうのが作りたいです」というほんわかとしたものから固めていくことでクライアントと一緒に商品を作っていくことを得意としていたので、海外進出においてはその国の言葉を話せる人に通訳してもらって言語の問題がクリアできたら可能なのかなとぼんやりとは思っていました。ただ、輸出入にはやはり使ってはいけない成分のことですとか、こういう手続きが必要ですとか、その国の法律とかも知っておく必要があるというところに障壁の高さを感じてたんです。そもそも、私は英語が得意ではないし、貿易もやったことはなかったし、海外進出は本当に他人事でしたね。

ただ、中小零細や個人商店の方でも海外から何件もオーダーや案件が来ていますよとか、そういった話を聞いていくうちに海外販路開拓の障壁は私が思っていたほど高くないのかもしれないと思ったんです。これをやらない手はないなと思ったんです。それから、海外に興味はあって社内で調べたり勉強したりしていた者から(海外進出に)トライしたいという話があり、調べていた中でジェトロや商談会などの存在は知っていましたが、その他の方法も探していたときに丁度COUXUさんを見つけました。タイムイズマネーの考えを意識していた中でCOUXUさんに商品の紹介をしていただいて、一回でも海外の方と商談をした方が時間とお金を使って広告をするよりも安いのではと。時間とお金を節約できる上にクイックレスポンスで反応がわかるのが非常に良いなと思ったんです。

なぜCOUXUなのか

“寄り添い続ける姿勢”と“システムへの想い”

それから、社長もそうですけども、しっかりとした説明をしていただいて、システムに対する想いとか、この人たちはシステムを売るだけじゃないんだなということを感じたんです。常に、私たちの代わりって言い方になると思うんですけど、営業先を開拓してくれるので助かっています。私たちと同じポジションでやり取りをしていく中で例えば、ABテストというものを教えていただいたり、暗中模索な中で選択肢としてブラッシュアップしてくれています。それはかなり時間を圧縮してくれますね。例えば井口さん(弊社のサポートスタッフ)は本当に寄り添って一緒に考えていただいて、「こうしたほうがいいですよ、理由はこうです。」、「このようにやりましょう!」などと言っていただいて、ノウハウを惜しみなく教えてもらえて。それで、忠実に井口さんに言われた通り素直にやっていたら「できました!」と本当にうちの社員も言ってました。

大村:COUXUと一緒にやっていくという決断の一番のトリガー、御社のメリットというのは何ですか?

山﨑様:それは本来なら自社でやらなきゃいけないプロセスをワンストップでやってもらえることですね。本当に営業代行からフォローまでで、あの費用じゃないですか。これは安いぞと思って。時間もかなり圧縮できますし、ノウハウも伝えていただけるし。時間は買うべきですよね。半年後の展示会どうしますか?って、その半年間は何をするのか?それだったら、セカイコネクトは来週からできる。やらない理由ないですよね。

大村:実際に、私たちの中でバイヤーさんの理想だけではなくて、一番最初に対象とするべき顧客や理想な顧客は誰なのか、またマーケティングファネルといって営業のフローを体系化したりといった事をさせていただいているんですが、それについてはどう思われてますか?

山﨑様:はい、あのフローはかなり時間を圧縮していただいてると思いますよ。おそらく、各スタッフが自分勝手に思い思いのメールは打ち、資料を送って、「10件あたったんですけどだめでした。なんでかはわかりません。」この繰り返し。プラットフォームの提供だけはなく、そこの教育もしていただいているので助かっています。新しいスタッフも、もう一回ちゃんと教えてもらう。聞きたいことを、聞きまくれる。ちゃんと教えてくれるし、結果が出ることがいい事ですね。

実際にCOUXUと取り組んでみて

海外での販売実績が日本国内での売り上げにもつながる

COUXUさんと共に海外販路開拓を進めていく中で海外のトレンドが日本国内での販売においてもプラスになるということを実感したんです。
実際には時間もコストも国内と同じぐらいで、社外から見れば日本だけでなく海外の仕事も展開している企業というのは、嘘ではなく“お忙しい中”って言ってくれているんですよ、本当に。海外企業との取り組みなどが、日本より大変だと思ってくれるので。なんと言えばいいでしょう、日本人って変なもんで、忙しいほど人気が出てくるというか、やはり新しいことや、自分たちとちょっと違うところで結果が出ている人に対してリスペクトが生まれるみたいなんです。だから本当に、売り上げ利益以外のところでもプラスの効果が出ています。海外での販売実績がうちの商品が海外でも評価されてるよ、結果出てるよっていう証明のようなものになるんです。例えば、「この商品は3カ国で出してますよ」と言ったら、「おお、3カ国もでてるの?」というプラスの反応が返ってくるんです。

DSC_0846

COUXUは“鮮度が良い”

山﨑様:あと、COUXUさんは鮮度が良いんですよね。鮮度という言い方は変ですけど、要はお客さん(バイヤーさん)を常にブラッシュアップし続けているところですね。月3万で3000を超える“欲しい”の案件リストがもらえて、それがブラッシュアップされて増え続けていくだけではなくて、さらにそこにアカデミーがついてくるのがすごいですよね。サポートやフォローをして頂けて、それも電話で全然良いって言ってもらえて。

大村:実際にやっていただいた中で、これもうちょっとこうだったらよかったんじゃないかなって、まあある意味僕たちのダメなところとか改善点は何かありますか?

DSC_0809

山﨑様:この段階、状況だったらこれぐらいを目標にしましょうっていう目標設定に対する指標があった方が良いかなとは思います。それがあればそこの数字に向かって頑張れますし、経営者の方も、実務者に対して言いやすいと思います。
それ以外は今のところでだめ出しするところはあまりないですね。なんせ、安いと思っていますから。例えばコンサルだと月20万くらいかかるんですよ。私も逆にコンサルをして、10万円程もらったことがあるので、これはちょっと、おかしいよねと思って、貰っておきながらね。それに家賃とか考えたら、半年間契約したら、100万200万する世界ですからね。全然安いですよ。投資額が少なかったら回収額も少ないんです。それ考えたら、それで3万は高いって言うような人は相手にしないほうがいいですよ。いやいやだってそうですもん。この価値わからない人はいいですっていうくらいですもん。

大村:ありがとうございます。御社の今後の日本以外の販路を持つというのも含めた海外事業や海外に向けての取り組みについてはどういうことを想定していらっしゃいますか。今は0から1に出来た!という段階だと思うんですが、そこから今度1からどういう展開をして、どういうことが今後1年再現できたら良いと考えていますか?

山﨑様:それはもう海外でも日本でも一緒で、取引相手を多くしていくとか、いま軌道にのっている商品をドロップしないようにサポートしつつ、広くして、太くしていきたいというのが1つです。2つ目は横展開ですね。今マレーシア、シンガポールとベトナムに展開しているので、次はどこの国行く?という部分ですね。さらに既に進出している国でも1カ国1企業ではなくてもっと取引先企業を増やしていきたいですね。例えば、コロナが落ち着いたらマレーシアのお客さんを回りたいと思っています。

大村:弊社を他の海外に進出したい日本企業さんやご友人企業さんに薦めたいと思いますか?

山﨑様:本音は良いサービスなので使って欲しいけど、うまい店だから混んだら困るから教えたくないというのと同じ感じですね(笑)。なので、薦めたいですね。零細企業の弊社でもできましたし、トライはすべきですし。できるかできないかではなくてやりたいかやりたくないかだと思うんですよね。

大村:もし僕たちがいなくなったら海外展開のために何を使って、どういう風にやりますか?

山﨑様:いや、そんなの困るんですけど、残る選択肢としてはジェトロさんや商工会議所さん、個人的ネットワークが考えられますね。でもやっぱりCOUXUさんの方が良いなと思います。

大村:その理由は何ですか?

山﨑様:COUXUさんは本当に良心的で、まあうちは井口さんがリーガルとかのフォローをしていただいたんですけど、井口さんの導きというか、ジャッジメントのおかげでかなり時間を圧縮できたことですね。多分そこに至るまでの、井口さんの時間と労力はすごいかかっていると思いますが。

あとはCOUXUさんとお取り組みする中で、他の海外展開サービスを利用した際も、スムーズな商談が出来ていると感じています。

大村:最初に僕たちの方からご提案させていただいたことが実現した1年で、それは僕もうれしいです。僕らも当然、今後努力していくことが前提ではあるんですけど、使い続けたいサービスではありますか?

山﨑様:本当にそうです。先ほども言った通り、無くなったら困りますね。

大村:そう思って頂けて本当によかったです。インタビューは以上となります。ご協力ありがとうございました!

DSC_0895

Company Profile

  • 社名 : 株式会社ヘルススクラム北海道
  • 代表 : 代表取締役 山﨑 和博 様
  • 住 所 : 【札幌本社】北海道札幌市中央区大通西1-14-2 【東京事務所】東京都千代田区一番町2-7カーサABC202
  • 創業 : 2015年
  • U R L : https://hs-hokkaido.jp/
セカイコネクト

 - 海外進出事例 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>