セカイコネクト

 
18552779_1557822707563848_1568761537_o

海外企業が『仕入れたい日本商品を発表する』イベント!BUYER’S OPINION開催報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時期、実は海外営業活動に対しては非常に良い時期となっています。なぜなら、独身の日、クリスマス、年末年始、旧正月といった商戦時期に販売する商品の仕入れを行う時期でもあるからです。そんな時期だからこそ、今回は海外企業が仕入れたい商品を発表するイベントを行いました。

実施した背景としては、これだけではありません。今まで多くの日本企業は商品を流通させるために”モノ”ありきでの展開を前提にしてきました。展示会や越境ECなども様々な商品が並び、そしてバイヤーがその商品の良し悪しを判断し、良ければ取引する、といった手順が当たり前に行われていると思います。しかし”モノ”だけで判断できないことがあると考えています。現地ごとの商習慣や消費行動、趣味嗜好など多くの違いがあるのが海外市場です。

また、日本企業からしてもこのような情報が知りたくても情報がありません。だからこそ、実際に海外企業に来て頂きバイヤーとしての立場から日本企業の質問に答えていただこう!そんな背景で実施しました。

BUYER’S OPINION=バイヤーの意見!

ぶっちゃけ何が欲しいの??
こんな商品どうなの??

という日本企業が聞きたい事も実際に話してもらいながら、

海外企業がどのような事業をしているか?
最新の商品トレンドは何か?どのようにモノを購買していたか?
今現在、何を仕入れたいか??

をバイヤーが発表するという、イベントの名の通りバイヤーの意見を話してもらおう!という企画です。

BUYER’S OPINIONのトピックス

BUYER’S OPINIONでは大きく3つの項目があります。

●海外バイヤーがどういった活動をしているのかを知る
●海外バイヤーがどんな日本商品を求めているのかを理解する
●海外バイヤーにどういった提案をするべきかを学ぶ

また、商材ジャンルごとに開催がされます。
今回は美容関連・食品関連の企業に参加していただきました。
バイヤーは集まった日本企業に自社事業や現地で注目されている商品などについて紹介することができ、
日本から参加企業は事前に自社の会社概要と商品リストをバイヤーに提出しておき、
両社は気になる企業や商材について質問ができるといった仕組みになっています。

21057285_1455704187845243_2007783897_o

参加バイヤー企業

食品関連バイヤー

○タイ / 商社
【会社概要】
1951年創業の日本製品の貿易商社です。販路は概算で小売店:1万店舗、
レストラン:500件、食品メーカー:50社があります。
販売主要製品は保存食、お菓子、食品添加物、業務用食品などです

○カンボジア / 小売
【会社概要】
カンボジア市場で16年間、食品商社として活動してきた企業です
食品市場でのキープレイヤーとして様々な企業と協業しています。
現在は約70軒のレストラン、約100店舗のスーパー・コンビニに卸しています。

○ベトナム / 商社
【会社概要】
食品とベビー関連製品を取り扱う商社です。
ベトナムは北から南までほとんどのスーパーに販路を持っています
4つのグループ企業から構成され、運送も自社で行っています。

○マレーシア / 商社
【会社概要】
6年以上マレーシアのローカル食材、主にオーガニック野菜などの
宅配サービスをおこなっている企業です。
オーガニック商材を知ってもらい、消費者目線で体に良く、
生活のプラスになるような商品の提供を行っています。

美容関連バイヤー

○シンガポール / 問屋
【会社概要】
SaSa、ガーディアン、ワトソンズといったドラッグチェーンから、
伊勢丹・高島屋のような百貨店まで販路を持っている企業です。
日本企業の代理店も複数ブランド行っています。

○シンガポール / 小売・サービス
【会社概要】
2009年からシンガポールで日本の庭園をイメージした高級感のある
スパを経営しており、シンガポール国内に2店舗出店しています。
プライベートブランドの開発を進めており、日本での製造を希望しています。

○シンガポール / 中間流通・小売
【会社概要】
企業向けのノベルティや販促物の作成代行が主な事業でしたが、
ここ数年は日本の化粧品の輸出入をしています。
販路はシンガポールとベトナムです。SNS上でのマーケティングを
得意としています。

○台湾 / 商社
【会社概要】
環境ビジネスなど様々な事業を展開し、アジアだけでなく
北米・EUへの商流を持っています。
美容関連商材については日本商品に特化した取り扱いをしています。

バイヤーの主な意見・主張(OPINION)

当日はバイヤー1社あたりに設けられた時間も30分程度と少し短い時間でしたが、多くの意見や提案が飛び交いました。
国や業種は違えど日本企業に対する質問や期待は近いものがあるようで、自分たちの地域に向けた商品作りができないか?など積極的な提案も生まれるなど、予想以上に具体的なビジネスの話になり今後が楽しみなマッチングになりました。

今回は特に経済成長が著しい地域のバイヤーが多く参加した関係もあり、バイヤーの勢いと高い本気度を感じる機会でした。
バイヤーは間違いなく”自国で売れそうな商品”を持っているサプライヤーを探しています。
そのため、多くのバイヤーは日本企業に対して以下の3つのことを質問していました。

■企業・商品の強み(USP)は何か?
■日本ではどのようなマーケティングを行なっているか?
■バイヤーとはどのような協力体制を希望するか?

今後、海外企業との協業を考えている日本企業はこれらについて答えられるようになっておかなければならないかもしれません。

日本企業からの参加後の感想

BUYER’S OPINIONにご参加していただきました日本企業の感想は?

・アジアを中心に4カ国のバイヤーの意見が聞けたことは貴重、自社商品についても可能性があることがわかった。(調味料メーカー:代表取締役)

・現地のマーケティング手法について、事例が見れたのは自社でも展開するときの参考になった。(食品卸問屋:海外事業部 部長)

・海外で商品を売るためにはパートナーが非常に重要で信頼できる方を探していた。今回の企画はバイヤーの率直な意見が聞けたと思う。(美容サロン経営:代表取締役)

・もともと海外での展開を考えていたが、なかなかキッカケが見つからない中での参加でしたが、商品の取り扱いに興味があるバイヤーがいたことは弊社としては大きな収穫だった。(化粧品メーカー:代表取締役)

まとめ

海外企業8社・日本企業51社ものご参加をいただき非常に多くの生きた情報を交換することができました。
今、海外市場で何が求められているのか?現地で展開するためには何が必要なのか?また、日本企業が持っている商品や技術についても海外バイヤーは非常に強い関心を持っていました。両社の考えが伝えわる機会を今後も作ってまいります。

Untitled2

セカイコネクト

 - ニュース, 海外の商習慣 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>