『英語が喋れない僕が、6カ国を相手に商談をすることに…』

株式会社インタートレード

岩瀬 渉様

写真

もともと私は金融システムの品質管理を担当していたのですが、ヘルスケア事業の立ち上げで、会員制BtoCで健康美容商材のECサイトの運営を担当することになり、国内向けの販路開拓を目指しました。

ところが、後発組ということもあってなかなか軌道に乗らなかった。
そこで”国内が難しいなら海外に販路を築いてもいいんじゃないか“と考え始めたのがセカイコネクトを使うきっかけです。
まずは自分自身が英語を使うことができないということが、懸念材料でしたが、 セカイコネクトには翻訳・通訳サポートもあるということで、販売・営業活動に集中することができました。

ただ自分自身でも考えながら海外営業を行うので、今では自ら英語での提案ができるようになりました。
最初は全く返ってこなかった提案メールも、今では7〜8割で帰ってくるまでになりました!
より多くの企業と商談をすることで、日本とは違うやり方でないといけないことが理解でき、展開が難しいと言われている中国・ドバイでも販売が決まったのは自信になっています。