セカイコネクト

 
img_01

映画「LIFE」でも話題になったアイスランドの日本事情とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはアイスランドといえば何をイメージしますか?
私が特に印象的なのは2014年3月19日に日本公開となった「LIFE!/ライフ」という映画で壮大な大自然の中にあるとてつもなく長い坂をスケートボードで下るシーン。
そのシーンの舞台となったところがそう アイスランドなのです! 

walter-mitty-1
画像引用:http://matome.naver.jp/ http://movie.kamera-life.com/

一度はあんなことやってみたいなあ と思った方もきっと多いはず!!

とはいえ少しの興味のためにアイスランドへ行こうなんて人はイモト以外そうそういないでしょう。そうだ京都へ行こうとは訳が違いますよね笑

そんなあなた方のためにアイスランドがどのような国でどのような人々が暮らしているのか。
また日本文化が果たしてアイスランドにもあるのかどうか笑
今回は2012年に弊社社員が3週間ほどアイスランドへ訪れた際の体験と現地の日本事情をお伝えできればと思います。

アイスランド

1
正式名称:アイスランド共和国
首都:レイキャビク
言語:アイスランド語が公用語ですが、ほとんどの人は英語を話すことができます
人口:33万人
通貨:アイスランド・クローナ(ISKと略す。アイスランド国内ではkrの単位で表示される)1アイスランド・クローナ=0.93円(2015年8月28日時点)
時差:日本時間-9時間

日本からアイスランドへ

2015年8月現在、日本からアイスランドへの直行便はありません。(年に数回、旅行会社のプランで直行便があります)同日で現地に到着するためにはロンドンかコペンハーゲンで乗り継ぎ、アイスランドのケプラヴィーク空港へ向かうのが基本的なルートになります。航空券は7~15万円程掛かります。飛行時間は所要約20時間で日本からコペンハーゲンが11時間、コペンハーゲンからレイキャビクが4時間程度です。
まあ空の上でほぼ1日過ごすことになるのでなかなかつらいです。笑
 
wing-221526_640

アイスランドの特色

アイスランドは地図を見ても分かるように日本と同じ島国で、面積は北海道と同じくらいです。名前から想像するととても寒い国のように思いますが、実際は海流の影響で緯度の割にそこまで寒くなりません。首都レイキャビクに国会議事堂や音楽ホール、ショップがあるので、ほとんどの人口が首都に集中しています。
あまり知られていないことですが、日本との共通点が多い国でもあります。アイスランドも魚を多く食べる文化があり、魚介類の年間消費量は日本が一日当たり155gなのに対してアイスランドは一日当たり242gです。火山があるので温泉も至る所に湧いていて生活用水としても利用されています。
アイスランドの有名な観光スポットとしてブルーラグーンという大きさ約5.000㎡の露天温泉があります。

こちらは何が何でもぜひ行っていただきたい!笑

blueraggon

アイスランドの日本事情

現地の人々は日本にどんなイメージ持っているのでしょうか。実際に訪れた時に現地の方に伺ったところ日本にはこんなイメージがあるようです。
アニメの国、魚を食べる、治安が良い、温泉がある、お笑い番組が面白いなどの意見をもらいました。レイキャビクにあるアイスランド大学では日本語コースがあり、例年スピーチコンテストやジャパンフェスティバルが開催されていて、現地の人々が多く参加するそうです。前回の旅行で見かけた日本商品のお店は2件ほどありました。2件ともお寿司屋さんで、一つは日本人としては何とも言い難い「寿司ピザ専門店」でした。

まとめ

いかがだったでしょうか?
実際にアイスランドを訪れて感じたことは、日本のメディアに関しては浸透している部分が多いが、日本商品を扱っているお店が圧倒的に少なく認知されていないということでした。
このように日本の商品がまだ浸透していない国に市場を築く力が日本の企業にはあると思います。

今後日本で生まれた商品を知ってもらう機会を増やすことができれば、さらに日本の認知度が高まりアイスランド国内へ入っていく日本商品も増やすことができるでしょう。

セカイコネクト

 - ニュース 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>